Month: September 2019
低用量ピルの通販サイトについて

低用量ピルは、日本国内では処方箋がなければ購入できないため、一般のドラッグストアや薬局などでは販売されていないものです。 購入の際には病院で医師の診察を受け、処方箋をもらってから調剤薬局などで購入できるものになります。 しかし、ネットを見ていると通販で購入できるサイトがいくつもあります。 あのサイトでは処方箋は必要ないのでしょうか。 ネットで低用量ピルを販売しているサイト個人輸入の代行を行うサイトです。 通販サイトで低用量ピルを購入しても、日本国内から発送されるわけで把握、海外から発送されてくるものです。 自分で使う量ならば、海外で販売されている医薬品を個人輸入することには何の問題もありません。 海外で販売されている低用量ピルを購入する際には医師の処方箋は必要なく、日本国内でネット通販を行うのと同じように手軽に購入することが可能です。 通販サイトも日本語ですし、支払いもすべて日本円で行える上、産婦人科などでは保険が使えず1シート3000円ほどの費用が掛かかるものが、通販サイトを通じて海外から個人輸入を行った際には半額近くになるものもあります。 低用量ピルが処方箋もなく、低額で購入できる便利な通販サイトではありますが、日本国内のように商品が合わなかったからという返品は出来ません。 また、他人に譲ることもできません。 日本では医薬品を使って何らかの重大な症状が出たときには国が治療費などを補償してくれる制度がありますが、海外から個人輸入したものでは身体に何らかの異常が起きてもすべて自己責任となってしまいます。 低用量ピルの服用方法や副作用などをしっかりと把握したうえで、通販サイトを通じての個人輸入を行うようにしましょう。

2019年09月09日