• 笑顔の女性と白い薬
  • 心配している女性と薬を飲む女性
  • ニコニコしている女性
公開履歴
微笑んでいる女性

低用量ピルは女性の誰もが知る経口避妊薬で、女性ホルモンに似たエストロゲンとプロゲステロンを混合した飲み薬です。
服用すると体内のホルモンバランスが妊娠したときと同じような状態になることで、脳が妊娠したと錯覚して排卵が抑制されます。
その結果、受精や着床が不可能となり、99%の確率で避妊が成功するという仕組みです。

低用量ピルは避妊が主目的となっていますが、その他にもホルモンバランスを安定化させることで、様々なメリットがあります。
月経の周期が安定することで生理不順を改善したり、ニキビが出来にくくなるので予防に使えたり、子宮体がんなどのリスクを下げることにも役立ちます。
使い勝手の良い避妊薬ですが医師の処方が必要な医薬品ですので、購入するには産婦人科で医師の診察を受けてから購入する必要があります。
問診票に軽く記入をし、医師との問診で問題がなければすぐに処方されるもので、未成年や50代の高齢者など年齢制限もないのが特徴です。
ただし、使用には幾つかの条件があり、高血圧、喫煙者、肝障害のある人などは処方ができないこともあります。

基本的に低用量ピルは健康保険が使えないことから、最近では海外の通販サイトから購入する人も多くいますが、初めて低用量ピルを使用する人は利用しない方がいいでしょう。
何度も服用して、自分に合ったピルを見つけている人なら良いのですが、自分の体に合うものかどうかも分からず、使い方もあやふやな人は利用しても副作用などによって体の調子を悪くしかねない可能性があります。
専門の医師から使い方を指導してもらい、正しく使うことが重要となるので、まずは産婦人科などで処方してもらうのが良いでしょう。

記事一覧
低用量ピルとしびれとネットについて

低用量ピルは、月経困難症などの、生理痛がひどく激しく痛みがある女性が、婦人科やまたは産婦人科などで、検査や問診をおこなった結果、出されるお薬であり、とても使用については、注意が必要とされるものとなっています。 たとえば、月経困難症を治すために、低用量ピルが処方される場合には、お医者さんから、とても取り扱いに注意をおこなうようにと、注意喚起がされます。 または、看護師さんから、実際に低用量ピルを飲むときの注意点などや、飲み方、飲む時間、飲む頻度などについて、いろいろな注意点を説明されて、ようやく処方がされるものです。 また、このように処方され、月経困難症を治す場合に、低用量ピルを正しく飲んでいても、個人差により、飲み始めてから、ふらつきやしびれが出てしまうというケースもあるくらいです。 時間などをきっちりと守り、正しく処方された通りに飲んでいても、体調や他のお薬などの関係から、手足がしびれはじめ、低用量ピルによる治療をあきらめる人もいます。 ただ、しびれなどについては、上記のような医療機関から出されたものであれば、服用をやめていくうちにしびれなどはなくなり、前のように体調が戻ります。 ネットなどでも、低用量ピルが販売されていることがありますが、上記のように、低用量ピルは取り扱いがとても大変な薬であるため、むやみに安価であるからといった理由で、購入をネットで海外などいろいろなところからおこなってしまうと、同じようにしびれやめまいなどが出る可能性がとても高いです。 特に、怪しいネットでの販売では、正式や正しい方法で作られた低用量ピルでない、という可能性も高く、とても危険性がともなってしまっています。

2019年11月29日
低用量ピルの服用方法と値段

女性の中には生理痛がひどく毎月辛い思いをしてるという方もいらっしゃるかも知れません。 そんなかたにひとつの解決方法として低用量ピルというのがあります。 正直日本ではまだ浸透しておらずあまり良いイメージを持っていない方も多いかもしれません。 しかし低用量ピルはただの避妊のためのではなく女性にとってメリットがたくさんあるものなのです。 そのひとつとして生理痛の緩和があります。 この言い方には少し語弊があり、正確には生理痛をなくすことが出来ます。 なぜかというと生理がこないからです。 それは無理やり生理をとめるとかではなく、体に妊娠していると錯覚させることで生理をとめるのです。 ですから生理は止まるのですが妊娠してると錯覚するということはつわりに似た症状が出る方もいらっしゃいます。 それを考えると全く痛みをなくすことが出来るとはいえません。 ここで、じゃあひどくなることもあるかもしれないと思うかもしれませんがその心配はありません。 低用量ピルにはさまざまな種類があり、詳しくは病院で検査や問診を受けた後に自分になるべく合ったものを紹介されたり試すことが一番ですが、その中であったものを見つけられますので、生理痛のようにただ薬を飲んで我慢するというよりも自分で軽減するための手段があります。 そして気になるのが値段ですが一度自分に合った低用量ピルを見つけることが出来たら病院へ通院するよりもネットで買うほうが何割もお得です。 種類によって多少前後しますが1300円前後で購入することが出来ます。 これが1シート、1か月分の値段です。 これを一日一錠忘れずに飲み一週間だけは飲まない、もしくはダミーの用意された粒を飲む、それを繰り返すのです。 ピルも治療薬に該当するので副作用があり、低用量ピルは数あるピルの中でも比較的副作用が起きにくいものとなっています。 それでも全く副作用があらわれないわけではないので、人によっては低用量ピルでも副作用が気になるでしょう。 本当に副作用を気にすることなくピルを服用したいならヤーズを購入してみましょう。 ヤーズなら副作用も心配いらずと言っても過言ではなく、超低用量ピルと呼ばれる第四世代のピルで女性への負担を極力抑えるような改良がされています。

2019年08月23日
低用量ピルとコンドームと期間について

低用量ピルは、避妊のために使われるものです。 男性が避妊のためにコンドームを使うものですが、女性の場合には、低用量ピルを使います。 低用量ピルは、避妊のための女性のための薬であり、妊娠を望まないけれども、お金のために体を売る商売である、キャバクラ譲や水商売の女性は、どうしても低用量ピルを使う必要があります。 万が一、使用をせずに、または使用する必要がないと自己判断を行い、複数の男性と性交渉を行った結果、性病になったり、妊娠が発覚することがあり、誰の赤ちゃんか分からず、結果、赤ちゃんを殺してしまうことが度々起きています。 コンドームは男性がつけるものですが、コンドームをつけずに、性交渉を行い、または女性が低用量ピルを使っているからという理由もあり、コンドームの使用をせずに、性交渉を上記のように行った結果、性病が多くの男性と性交渉を行っている上記のような職業の女性からうつってしまったり、危険なことがたくさんあります。 特に、産婦人科や婦人科には、このようなキャバクラ譲や水商売の女性が、よく考えず、低用量ピルもコンドームも使わず、複数の男性と性交渉をお金のために行った結果、妊娠し、中絶することが多く、ニュースでも何度も取り上げられています。 低用量ピルを飲んでいいるから、飲んでいる期間だから、絶対に妊娠しないということはありません。 低用量ピルを、たとえばかなり前に飲んで、それから期間がかなり経過しているのにも関わらず、薬の効果が期間として残っている、そのように勘違いをしている人も大勢います。 そのため、上記のように、風俗嬢やキャバクラ譲のような形で、妊娠や性病が蔓延してしまい、警告がニュースなどで度々流れています。

2019年10月29日
低用量ピルと体調と選手について

低用量ピルには、女性の生理痛の酷さ、いわゆる月経困難症を改善してくれる作用があります。 多くの方が、低用量ピルに持つイメージとしては、このような月経困難症を治してくれるというイメージよりも、避妊薬としてのイメージが強いものですが、実際には低用量ピルは、避妊薬としてだけ、使われているわけではありません。 上記のように、生理痛の痛みというものは、女性個人個人によっても大変に異なり、生理の痛みなど1度も感じたことがない、という方もおられれば、小学生の時から、酷い生理痛の痛みがあり、ずっとこのような月経困難症と戦ってきた女性がおられます。 このように生理の痛みは、個人ごとにかなり痛みに差があり、体調も、その人その人によって、かなり変わってしまいます。 そのため、学生さんであれば、修学旅行中に生理痛になってしまい、体調がすぐれず、楽しい旅行が苦痛で終わったという悲しい体験をされている人もいます。 また、学生で、部活などでスポーツ選手などをしている方なども、このような月経困難症に苦しんでいる人がおり、そのため、体調を管理する目的で、低用量ピルを医師から処方してもらうケースもあります。 走ったり、普段とはさらに激しい運動を行う選手が、当日に生理、月経困難症になってしまうということは、選手の体調としても最悪の状態であり、そのような体調を管理する目的で、低用量ピルを前から服用し、体調を整えるケースがあります。 ただ、低用量ピルは、個人差もあり、飲んでいる人すべてが、このような月経困難症が治るというケースではなく、他の薬をその人が飲んでいる場合や、その人本来の体調によって、合う、合わないがあってしまうこともあります。

2019年09月27日
低用量ピルの通販サイトについて

低用量ピルは、日本国内では処方箋がなければ購入できないため、一般のドラッグストアや薬局などでは販売されていないものです。 購入の際には病院で医師の診察を受け、処方箋をもらってから調剤薬局などで購入できるものになります。 しかし、ネットを見ていると通販で購入できるサイトがいくつもあります。 あのサイトでは処方箋は必要ないのでしょうか。 ネットで低用量ピルを販売しているサイト個人輸入の代行を行うサイトです。 通販サイトで低用量ピルを購入しても、日本国内から発送されるわけで把握、海外から発送されてくるものです。 自分で使う量ならば、海外で販売されている医薬品を個人輸入することには何の問題もありません。 海外で販売されている低用量ピルを購入する際には医師の処方箋は必要なく、日本国内でネット通販を行うのと同じように手軽に購入することが可能です。 通販サイトも日本語ですし、支払いもすべて日本円で行える上、産婦人科などでは保険が使えず1シート3000円ほどの費用が掛かかるものが、通販サイトを通じて海外から個人輸入を行った際には半額近くになるものもあります。 低用量ピルが処方箋もなく、低額で購入できる便利な通販サイトではありますが、日本国内のように商品が合わなかったからという返品は出来ません。 また、他人に譲ることもできません。 日本では医薬品を使って何らかの重大な症状が出たときには国が治療費などを補償してくれる制度がありますが、海外から個人輸入したものでは身体に何らかの異常が起きてもすべて自己責任となってしまいます。 低用量ピルの服用方法や副作用などをしっかりと把握したうえで、通販サイトを通じての個人輸入を行うようにしましょう。

2019年09月09日