低金利でお金を借りる

低金利でお金を借りる

キャッシングを始めるにあたって、最も重要になるのが金利です。
金利は利息とも言いますが、お金を借りたときに発生する、いわゆる「コスト」になりますから、金利が低く借りられれば、返済金額の負担が少なくなると言う事になります。
キャッシングをどこへ申込むかを決める場合、金利の比較をして、できるだけ低金利で借りられるところを選ぶのが重要です。

 

「低金利で借りるなら銀行カードローン」
銀行カードローンは、何と言っても低金利でお金が借りられるというのがメリットです。
大手消費者金融の金利は4,5%〜18,0%と、ほとんどその範囲内となっています。
銀行カードローンのなかには金利1,99%〜7,99%というような超低金利のカードローンもありますし、消費者金融なみの4,5%〜18,0%というカードローンもあります。

 

銀行カードローンは少し格式が高いと思われますが、銀行カードローンはアルバイトや、パート、派遣社員でも安心して申込みができます。
ただ、金利が低くなればなるほど審査が厳しくなりますので、低金利でお金を借りる時は、ある程度の属性が要求されます。

 

「コストは金利だけでは決まらない」
キャッシングは、金利以外にもコストがかかることがあります。
たとえば、借入や返済に提携コンビニATMを利用した場合、1万円以下なら108円、1万円以上は216円の利用手数料を毎回支払わなければなりません。
また、銀行振り込みをする場合はそれ以上の手数料がかかってきます。
金利以外に、これらの費用が発生することは、目に見えない金利を支払っているのと同じことになります。
そういった無駄を省くためにも、できれば金利外のコストがかからないカードローンを選ぶのも選択肢のひとつです。

 

「手数料無料でお得なキャッシング」
たとえば、オリックス銀行カードローンは、借入や返済に多くの提携銀行やコンビニATMが利用できます。
提携ATMはセブン銀行、E-net、ローソンATM、イオン銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、西日本シティ銀行など全国98,000台以上のATMが何度でも手数料無料で利用できますので、金利以外にコストはかかりません。
また、口座振り込みの場合は、回数制限がありますが、振込手数料が無料な銀行もありますので、そういった銀行に口座を作っておけば無駄な経費が省けます。