審査が緩い消費者金融

審査が緩い消費者金融

キャッシングでお金を借りるには申込をして、審査に通らなければなりません。
審査は「申込者にお金を貸しても返してもらえるのか」といったところを判断します。
当然と言えば当然のことですが、この審査は金融会社によっては基準に違いがあり、審査が厳しいところもあれば緩いところもあります。

 

「審査基準の違いで融資が左右される」
一般的に銀行カードローンは審査が厳しいと言われていますし、大手消費者金融も貸金業法の改正以降は銀行の傘下に入ったことから、審査が厳しくなったとも言われています。
審査は申込書と信用情報機関の個人情報から審査がおこなわれます。
それらを使ってコンピューターで点数を付けていき、点数が高ければ希望する借入ができます。
点数が低ければ融資限度額が下がったりもしますし、点数が足らないと融資を断られることもあります。
審査基準はキャッシング会社ごとに独自の基準を設けていますので「A社に申込をして断られたけれどB社では借りられた」ということもあります。

 

「審査の緩い中堅消費者金融」
地方には中堅消費者金融と呼ばれる業者があります。
これらの業者は正式に許可を取っている業者で、古くから地元に密着し、地道な営業努力に務めている消費者金融があります。
大手消費者金融や銀行カードローンはコンピューターで審査をしていますので、一つでも審査基準から外れるとまず通ることはありません

 

中堅消費者金融は、審査基準を少し緩くし、大手で借りられなかった人や、なかには過去に金融事故を起こした人であっても、現在の生活状況から判断して、貸せると判断した場合はそんなに多くは借りられませんが、融資をしている中堅消費者金融があります。
中堅消費者金融も、最近はインターネットからの申込も受け付けるようになっていますので、地方だけでなく、全国的な展開で顧客獲得に努めています。

 

「キャッシング初心者が気を付けること」
お金を借りる時に最も大事なのが安全性は勿論、確実にリスクを少なくしてお金が借りられるかが重要になります。
大手消費者金融や銀行カードローンは中堅消費者金融に比べると、審査は少し厳しいですが、初心者のかたは安心してキャッシングを続けるためにも、大手消費者金融や銀行カードローンで申込むことをおすすめします。