申込でしてはいけない決まりごと

申込でしてはいけない決まりごと

キャッシングの申込をしたけれど、審査に通らなくてお金が借りられなかったというかたがおられます。
キャッシングは毎月の給料をもらって普通の生活をしていれば、まず審査に落ちることはないのですが、なぜか審査に通らなかったということがあります。
なぜ落ちたのかというのは審査内容が解らないので確実なことは言えませんが、審査に通るために最低限守らなければならないことがあります。

 

「申込書の記入ミスがある」
キャッシングの申込で一番多いのが申込書の記入ミスや、記入漏れと言われています。
申込書の記入に誤字や記入漏れ、また記入内容に間違いがあったというのが最も多く、審査は申込書の内容によって審査をしますので、申込書に間違いがあったとき、わざとでなくても「虚偽の記載をしている」と判断される場合もあります。
また、電話番号を間違って書いている場合など、審査結果のいつまで待っても届かないことや、在籍確認の電話を会社へ入れても番号が間違っていると会社が存在しないことになってしまいます。
また、少しでも多くを借りたいと思い、年収などを多く書いてもすぐにばれてしまうので、これらも含めて、申込書は記入ミスがないか、提出前に再度確認する必要があります。

 

「半年以内に複数社への申込はだめ!」
「どこでもよいからすぐにお金を借りられるところ」と思って、短期間に複数社へ申込をする方もおられますが、この方法は返って審査に通りにくくなります。
審査は申込書と信用情報機関の個人情報をもとに行われます。
信用情報機関の個人情報には申込履歴が記載されるようになっていて、どこへ申し込んだのかがすぐにわかります。
それを見た担当者は「他社へ申込をしているけれど借りられなかったのは何か問題があるのでは?」と疑われてしまい、審査に通るのが難しくなります。
短期間で複数社へ申込むことは自分の首を絞めているのと同じことなので絶対にやめましょう。

 

借りられるかどうかを確認するには、キャッシング会社のホームページに「借入前診断」があり、それを利用すれば借りられるかどうかのおおよそのことは解ります。
「借入診断」は何度やっても個人情報には影響しませんので、いきなり申込をせずに、まず「借入前診断」で試してみましょう。