目的別の選び方

目的別の選び方

日常生活の中で、お金を借りなければならなくなったとき、お金を借りる方法は数多くあるので、まず何のために必要なのかを明確にしておく必要があります。

 

「目的を明確にする」
お金を借りる方法として、最初に頭に浮かぶのが銀行の目的ローンではないでしょうか。
結婚して家族が増えると、将来のために家を買いたいとか車を買替えるためのお金が借りたい、子供の教育を充実させるために学費を借りたい、というときは銀行の目的ローンなら低金利でお金が借りられます。
また、普段の生活の中では「給料日前にお金が足りなくなったので、その間だけ借りたい」とか、「少し高額な商品を買うので、できれば低金利でお金が借りたい」ということが有ると思いますが、そんな時は、キャッシングでお金を借りる方法もあります。
キャッシングは、消費者金融やクレジット会社、銀行カードローンで申込ができますが、キャッシングも目的ローンと同じで、目的別で借入先を決めるのがポイントです。
キャッシングの申込条件や融資条件は借入先によって違いますので、おおまかな目的を決めて申込先を選ぶ必要があります。

 

「消費者金融と銀行カードローンはどうちがう?」
消費者金融のキャッシングのメリットは、銀行に比べて審査が比較的緩く、銀行カードローンに比べると融資が受けられやすいというメリットが有ります。
また、大手消費者金融は審査時間がわずか30分程度で完了しますので、申込をしたその日にお金が借りられるという利便性があります。
「今日明日中にはお金を用意しなければならない」という時は、消費者金融の即日融資を申込めば、すぐに借りられます。

 

銀行カードローンのメリットは、何と言っても金利が低い事で、「少しでも安い金利でお金を借りたい」という場合は、銀行カードローンをおすすめします。
銀行カードローンは、すぐにお金が必要という場合、即日融資が可能なのは一部の銀行だけになりますし、消費者金融と比べて金利の差がわずかしか変わらない、ということもあります。
銀行カードローンのメリットを生かすためには、時間をかけて金利を比較し、そのうえで申込先を決める必要があります。

 

このように、目的が決まればランキングサイトや口コミなどから、金融機関の情報が得られますので、まずは目的を決めて借入比較をすることがポイントです。