キャッシングの借入条件

キャッシングの借入条件

キャッシングは簡単に申込ができて、審査にとおればすぐにお金が借りられます。
その為には申込条件があり、その条件さえ満たせば必ずとは言い切れませんが、お金が借りられるようになります。

 

「消費者金融の申込条件」
消費者金融でも銀行カードローンでもほとんど同じで「満年齢20歳以上65歳〜69歳までの安定した収入があるかた」と言うことが最低条件になります。
消費者金融は銀行カードローンと比べると審査が通りやすいと言えます。
この条件を満たしていれば、職業形態は影響しませんのでパートやアルバイト、派遣社員、個人事業主のかたなら誰でも申込ができます。

 

ただ、消費者金融は貸金業法の総量規制で、融資ができるのは年収の3分の1以内と制限されます。
消費者金融で専業主婦がキャッシングを始めるのは難しく、専業主婦の商品を用意している消費者金融もありますが、基本的には本人に収入がなければ申込ができませんので、実際のところは無収入でのキャッシングは不可能となっています。

 

「銀行カードローンの申込条件」
最近は多くの銀行がカードローンを扱うようになっているので、低金利で借りたいときは、銀行カードローンがおすすめです。
銀行カードローンの申込条件は上限年齢少し低めに設定されています。
銀行カードローンは銀行法が適用されるので、総量規制の影響は受けません。
基本的には安定した収入が有ることが条件で、銀行の審査に通れば年収に関係なくお金が借りられます。
また、銀行カードローンは年収に影響を受けませんので、無収入の専業主婦でもキャッシングができるカードローンもあります。
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」や、みずほ銀行カードローン、イオン銀行カードローンは専業主婦専用の商品が用意されているので、専業主婦でも安心してキャッシングが始められます。

 

消費者金融と銀行カードローンで大きく違うのは、銀行カードローンの場合、ホームページに書かれている条件に「当行が指定する保証会社の保証が受けられるかた」となっています。
銀行カードローンの場合は銀行の審査と、保証会社の審査を通って初めてお金が借りられるということになります。