安心安全のキャッシング

安心安全のキャッシング

初めてキャッシングを利用するとき「お金は借りたいけれどだいじょうぶなのかなぁ」と不安に思っているかたがまだまだおられると思います。
キャッシングのイメージが「サラ金」のイメージとダブってしまう人も多いと思われるからです。
そのため「高い金利を払わなければならない」「会社に返済の催促の電話が頻繁にかかってきたり怖い取り立てがあったりするのでは?」というような不安が残っているのだと思います。

 

「キャッシングのイメージは大きく変わった」
以前の消費者金融はそういった暗いイメージがありましたが、貸金業法の改正以降は金利や取り立て方法などを含め、細かいところまで法律で厳しく規制されるようになり、過去に合ったようなことはまずありません。
消費者金融は届け出制になっていますので、登録をした正規の業者であればまず安心です。
テレビCMで名前がよく知られている大手消費者金融は、大手銀行がバックについて運営していますので、銀行の安心感と信頼感が消費者金融のキャッシングの安全性を確保していると言えます。
地方都市などに存在する中小の専業消費者金融も、正規の登録業者なら貸金業法や利息制限法で厳しく規制されているので安心して申込みができます。

 

「すべての業者が安全ではない」
正規の消費者金融のすべてが安全だとは言い切れません。
正規の貸金業者は金融庁の指導や貸金業協会の自主規制により、厳しく管理されていますが、それでも中には違法性があると知りながら営業をしている業者もあります。
また、多くの消費者金融の中には「ヤミ金」と呼ばれる業者も存在します。
「ヤミ金」が融資対象にしているのが正規の消費者金融で借りられなかった人や、キャッシングに詳しくない初心者をターゲットにしています。
そういった業者に手を出すと、取り返しがつきませんし、解決するには警察に届け出するか、弁護士に相談しなければ自分の手で解決できなくなりますので、少しでも怪しいと思った時は絶対に手を出してはいけません。

 

これからキャッシングを始めるという初心者のかたは、安心感や安全性を考えて、名前も聞いたことのないキャッシング会社への申込は避けましょう。
できることなら名前のよく知られた銀行カードローンや大手消費者金融で始めることをおすすめします。